アレルギー作用と種類

アレルギー作用と種類 がん治療で最も多く用いられる治療法が抗がん剤を使用した化学療法ですが、活発に増殖する細胞に対して素早く治療効果を出させるために皮膚や腸の細胞といった細胞にも影響を与えます。
抗がん剤で最も多い副作用がアレルギー反応であり、とこれまでアレルギー体質でなかった方でも発症する恐れがあります。
反応があらわれる場合は治療開始直後からであり、皮膚に発疹やかゆみの症状が出る場合とひどい時は血圧の低下や不整脈、呼吸困難を起こすこともあります。
頻度は多くはありませんが、薬をはじめて使う時に起こりやすいです。
症状が出てしまうと安全に治療を進めることが出来ないので、すぐに主治医か看護師に報告をしないといけません。
状態に応じて他の抗がん剤に変更して、何も悪影響が出来ない薬を主治医が見極めてから本格的な治療が開始されます。
また過敏性反応が出る場合もあり、これまで牛乳や卵を食べても平気だった方でも抗がん剤の影響で食物に対しても体に変化が出るときがあります。

作用によって違う抗がん剤の種類がと体への負担

作用によって違う抗がん剤の種類がと体への負担 抗がん剤と一口にいっても作用の仕方によっていくつかの種類があります。
まず一般的に知られているのが化学療法です。これは化学物質でがんの増殖を抑え、がん細胞を破壊するという仕組みになっています。
次に昨今、増えているのが、がん細胞の特徴を分子レベルでとらえ、それを標的にした薬を用いる分子標的治療です。
これは従来の化学療法と違って、副作用が起こりにくいという特徴があります。
最後はがん細胞の増殖に関わっている体内ホルモンを調節して、がん細胞が増えるのを抑える内分泌療法があります。
このように抗がん剤には大まかに3つの種類があり、がんの種類やステージなどで使い分けられているのですが、どの方法でも少なからず体への負担は避けられません。
ただし、最近ではできるだけそうした負担を減らすために、薬による不快な症状を和らげたり抑えたりすることができる薬の開発もされていますので、日常生活に支障をきたすほどの症状があるのであれば、まず医師に相談をすることが大切です。