抗がん剤に内蔵されている効能と副作用とは

抗がん剤に内蔵されている効能と副作用とは がんの治療法として、手術治療や放射線治療を選択する人が併用して選択することの多い治療法に抗がん剤を利用した化学治療があります。
別名、薬物治療とも呼ばれる方法で薬の力や放射線を含んだ化学物質を用いて治療を行う方法です。
抗がん剤治療といえば強い薬効で治療を期待できる反面、副作用もあるのではないかと心配する方も多いでしょう。
実際、抗がん剤には強い効果と作用が内蔵されています。
効果としてはがん細胞の成長を遅らせることができます。
ですので、今現在発生しているがんだけでなく、今後転移する可能性がある場所へもがん細胞が広がらないようにする為にもかかせない治療法の一つです。
範囲が全身に及ぶ血液のがんであるリンパがんなどの場合には適切です。
しかしながら、体調不良や倦怠感など強い薬効により様々な自覚症状を引き起こすことも多くあります。
治療後すぐの場合もあれば2週間後場合によっては2ヶ月後というケースもあります。

抗がん剤の副作用の一つである骨髄抑制とはどういう状態ですか

抗がん剤の副作用の一つである骨髄抑制とはどういう状態ですか 日本は世界一抗がん剤をよく使う国です。
日本の人口は世界のおよそ8%なのに、世界中の抗がん剤使用量のおよそ25%を日本が占めています。
その原因の一つに、つらい副作用を上手くコントロールする対処法が他の国よりも優れているからだろうという考えが多いです。
問題となるつらい症状の一つに骨髄抑制というものがありますが、これがどのような状態なのかよくわからないという声をよく聞きます。
これは、血液中の白血球や血小板の数が減ってしまう状態です。
血液は骨髄で作られますが、その働きが抑制されてしまうので、白血球や血小板などが作れなくなってしまうのです。
白血球が少なくなると免疫力が低下して感染症にかかりやすくなります。
血小板が少なくなると出血しやすくなります。
そこで、通常は6000から8000くらいある白血球が少なくなって500以下となれば、白血球を増やす注射をしたり、血小板が少なくなれば血小板の輸血をして対処しています。
抗がん剤治療中には多かれ少なかれ副作用がついて回りますが、どの時期にどのようなつらい症状が出るかということはある程度は予測可能です。
ただ単に苦痛に耐え忍ぶだけではなく、対策を練ることが可能だと考えられています。