抗がん剤の副作用と対処法

抗がん剤の副作用と対処法 がん治療における抗がん剤治療や放射線治療は高い効果が期待できますが、副作用もあることを知っておきましょう。
副作用の中でも良く知られているのが脱毛です。
命に関わる症状ではありませんが、患者にとっては辛い症状と言えます。
抗がん剤治療を受けたら必ず髪の毛が抜けるというわけではありません。
治療する部位や治療の組み合わせ、患者の状況によって症状は変わってきます。
髪の毛だけでなく手の毛や足の毛、眉毛、まつ毛などが抜け落ちてしまうこともありますし、一部の毛だけが抜けることもあります。
がん治療に伴う脱毛を完全に防ぐことはできませんが、治療による一時的な症状なのでそこまで心配する必要はありません。
メイクやかつらなどの対処法もあるため、上手く付き合っていきましょう。
かつらは脱毛前から準備しておくのがおすすめです。
かつらがあれば外出の時も安心ですし、周りからの目線も気にならなくなります。
また、帽子などもあると便利です。

抗がん治療の方法や作用など色々と相談したいことがある場合

抗がん治療の方法や作用など色々と相談したいことがある場合 がんを告知されたとき、多くの方はショックを受けることでしょう。
そしてどの程度進行しているのか、治療は可能なのか、聞きたいことが色々あると思います。
また、治療する病院はどこが良いのか、どんな方法で治療したら良いのかなど、具体的な相談もしたいことでしょう。

抗がん治療と一口に言っても、現在は実に様々な方法があります。
その治療法によってがんに対する作用も変わってきます。
病院によっても、できることとできないこと、抗がん治療に保険を使えるもの、使えないものなどもあります。
がんはあまりにも身近で、同時にあまりにも深刻な病気であるために、本当に様々な治療法が存在し、様々な情報が飛び交っているのが現状です。

さらに現在は一つの病院だけでなく、セカンドオピニオンを求めることができる時代です。
そのような場合は全く系列の違う病院からセカンドオピニオンをもらうことをおすすめします。
最終的には患者さん本人が決めることになりますので、納得のいく方法で治療を始めたいものです。